menu

HOME/ 解決事例/ 探偵から入手した証拠と手持ちの証拠をあわせて、スムーズに離婚と慰謝料請求が実現した事例

探偵から入手した証拠と手持ちの証拠をあわせて、スムーズに離婚と慰謝料請求が実現した事例

性別が「男性」の解決事例 相手方の職業が「会社員」の解決事例 職業が「会社員」の解決事例 離婚の争点が「慰謝料」の解決事例 離婚の原因が「不倫・浮気」の解決事例 離婚請求が「離婚を切り出した」の解決事例
探偵から入手した証拠と手持ちの証拠をあわせて、スムーズに離婚と慰謝料請求が実現した事例

離婚の理由:相手の不貞

依頼者

  • 性別 男性
  • 職業 会社員
  • 年齢 20代

相手方

  • 職業 会社員
  • 年齢 20代

その他

  • 子どもの有無 無し
  • 婚姻期間 2年
  • 別居期間 1か月以内
  • 解決までの期間 1か月以内

事件の概要

妻が不貞を行っていると思われたため,ご自身で探偵に依頼して証拠がとれたが,決定的ではなかったため,さらに追加の調査をした方が良いか,探偵の費用が高額であることもあり,証拠の収集方法について相談に来られた。

また,妻は一切不貞を認めないため,離婚交渉が難航するかも知れないとのことで,不貞相手と妻に対する慰謝料請求と,妻への離婚請求について,ご依頼をいただいた。

解決内容

依頼者の手持ち証拠を確認すると,不貞の慰謝料請求をするのに十分であると考えられたため,探偵への追加調査依頼をすることなく,不貞相手と妻に慰謝料請求を行った。その結果,相場と比べても高額な300万円弱の慰謝料を獲得することが出来た。
また,難航が予想された離婚であったが,弁護士が入ったことで相手方が無理な主張を止め,財産分与についても,依頼者の主張通りに獲得した上で,1か月以内でスムーズに協議離婚が成立した。

弁護士による解説・解決のポイント

不貞の証拠を取得した場合にも,その証拠が十分なものなのか迷われる場面も多いかと思われます。

特に,高額な費用を払って探偵を依頼している場合には,追加の費用を払ってより確実な証拠をつかむ方が良いのか,今収集できている証拠で十分なのか,費用対効果の点でも気になる部分が多いでしょう。

探偵からもらった証拠だけで必ずしも十分でない場合でも,他の手持ちの証拠と合わせれば,追加の調査依頼をするまでもない場合も多々ありますので,手持ちの証拠で十分かどうかご不安な方は弁護士へご相談いただければと思います。

また,当事者同士の交渉では難航する場面においても,弁護士が入ったこと自体で,相手が諦めて無理な主張を止める場合が多々あります。このため,一見難航しそうだと予想される離婚交渉も,弁護士へご依頼いただくことで,思わぬ早期解決につながる場合も多く見受けられます。