menu

HOME/ 解決事例/ 暴言がひどい夫との離婚を決意し、離婚調停で円満に解決した事例

暴言がひどい夫との離婚を決意し、離婚調停で円満に解決した事例

性別が「女性」の解決事例 相手方の職業が「会社員」の解決事例 職業が「専業主婦・パート」の解決事例 離婚の原因が「DV・暴力」の解決事例 離婚請求が「離婚を求められた」の解決事例
暴言がひどい夫との離婚を決意し、離婚調停で円満に解決した事例

離婚理由:暴力・暴言

依頼者

  • 性別 女性
  • 職業 主婦
  • 年齢 30代

相手方

  • 職業 会社員
  • 年齢 30代

その他

  • 子どもの有無 有り
  • 婚姻期間 5年
  • 別居期間 2年
  • 解決までの期間 1年

事件の概要

相談者の夫は,子供が産まれた頃から暴言がひどくなり,最近では子供の前でも大きな声を出してけんかをすること等が増えていた。このため,側で見ていた子供も不安定になり,幼稚園の先生にも心配されており,相談者自身もまだ若いので人生をやり直したいと考え,離婚を決意した。ところが,離婚を切り出したところ,離婚をするなら親権は渡さない,養育費も払わない等と言われたために,ご相談に来られた。

解決内容

別居後,離婚調停を申立てるとともに,婚姻費用(生活費)請求の調停も申立てた。

夫は,はじめ離婚自体に同意しないというスタンスであったが,調停でしっかり話し合うとともに,面会交流を実施することで,離婚後の子供との関係の見通しが立ったということもあり,最後には,調停で円満に解決ができた。養育費についても,養育費算定表の上限で支払ってもらう内容の調停を成立させることができ,相談者はとても安心したご様子だった。

弁護士による解説・解決のポイント

離婚を切り出したら,パートナーから親権を渡さないとか養育費は支払わないといわれることは,相当数あります。

そのような場合不安になられるかもしれませんが,そんなときこそご相談いただければと思います。

女性の場合には,親権獲得の可能性は高いと言えますが,男性であっても場合によっては親権が獲得できますので,諦めずに対応するべきです。

また,離婚後の子育てを考えると,正当な額の養育費を定めておくことはとても大切なことです。

お早めにご相談いただければと思います。

 

執筆者情報

下川絵美(広島弁護士会)
下川絵美(広島弁護士会)
当サイトをご覧いただきありがとうございます。当サイトでは、離婚に関するお悩みを持っている方向けに、離婚をめぐる様々な事柄について解説しています。いろいろな思いを抱えておられる方も、肩の力を抜いて、何でもお話しいただけると思いますので、お気軽にご相談いただければと思います。離婚・不貞慰謝料に関してお悩みの方はどうぞ気軽にご連絡ください。