menu

HOME/ 弁護士費用

弁護士費用

弁護士費用(全て税込)

相談料:初回30分無料

※セカンドオピニオンの場合は、22,000円/1時間を頂戴いたします。

バックアッププラン…3か月で55,000円

  • 依頼者様自身による離婚協議・調停を相談・助言によりフォローします。(電話・メール・LINEによる相談も可)
  • 事案をファイル管理しますので、事態の進展に合わせ、継続的な相談が可能です。
  • 初回は3か月契約、その後は1か月単位での更新可能。
  • 代理サポートプランへ移行した場合、料金は着手金に充当いたします。

協議書作成支援プラン

ライトプラン…1書面 :55,000円

※公正証書を作成する場合は、1書面55,000円 を追加

  • 協議書案作成+内容の改訂1回
  • 来所での相談2回(各1時間)を含みます/電話・メール・LINEでの相談は含みません。

レギュラープラン…1書面 :132,000円

※公正証書を作成する場合は、1書面33,000円 を追加
※ 公正証書作成に弁護士が立会う場合、立会手数料1回11,000円を追加

  • 協議書案作成+内容の改訂は回数無制限です
  • 6ヶ月以内であれば、いつでも弁護士に相談できます/電話・メール・LINE相談を含みます。

代理サポートプラン

協議離婚代理プラン

  • 着手金22万円
  • 解決報酬金22万円+経済的利益の16.5%

調停離婚代理プラン

  • 着手金33万円
  • 解決報酬金33万円+経済的利益の16.5%

訴訟離婚代理プラン

  • 着手金44万円
  • 解決報酬44万円+経済的利益の16.5%

※すべてのプランにおいて親権を争う場合は着手金、解決報酬金共に+11万円

不倫の慰謝料

請求したい側(離婚する場合)

  • 着手金11万円
  • 報酬金11万円+経済的利益の19.8%

※訴訟に移行した際に着報+11万円になります

請求したい側(離婚しない場合)

  • 着手金22万円
  • 報酬金22万円+経済的利益の19.8%

※訴訟に移行した際に着報+11万円になります

請求された側

  • 着手金26万4千円
  • 報酬金経済的利益の17.6%

※ただし、減額できなかった場合、費用は一切頂きません。
※また、減額分が着手金を下回った場合、着手金との差額をお返しいたします。
報酬金も頂きません。
(例)
相手から慰謝料100万円を請求されており、80万円までしか減額できなかった場合、
4万円(24万円(着手金)-20万円(減額分))をお返しいたします。