menu

HOME/ 弁護士費用

弁護士費用

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

弁護士費用(全て税込)

相談料:30分以内5500円、1時間以内1万1000円

※依頼をされる場合には,着手金から相談料相当額を控除いたしますので,実質的に相談料は無料となります。

※セカンドオピニオンの場合は、22,000円/1時間を頂戴いたします。

協議書作成支援プラン 1書面 :13万2000円

※公正証書を作成する場合は、1書面3万3000円 を追加
※ 公正証書作成に弁護士が立会う場合、立会手数料1回1万1000円を追加

代理プラン

協議離婚代理プラン

  • 着手金22万円
  • 解決報酬金22万円+経済的利益の16.5%

調停離婚代理プラン

  • 着手金33万円
  • 解決報酬金33万円+経済的利益の16.5%

訴訟離婚代理プラン

  • 着手金44万円
  • 解決報酬44万円+経済的利益の16.5%

※すべてのプランにおいて親権を争う場合は着手金、解決報酬金共に+11万円

不倫の慰謝料

請求したい側(離婚する場合)

  • 着手金11万円
  • 報酬金11万円+経済的利益の19.8%

※訴訟に移行した際に着報+11万円になります

請求したい側(離婚しない場合)

  • 着手金22万円
  • 報酬金22万円+経済的利益の19.8%

※訴訟に移行した際に着報+11万円になります

※上記の離婚事件と同時に配偶者へ慰謝料請求する場合,基本料金は発生せず,経済的利益に応じた金額のみ(不貞相手への慰謝料請求は別料金)。

請求された側

  • 着手金26万4千円
  • 報酬金経済的利益の17.6%

※ただし、減額できなかった場合、費用は一切頂きません。
※また、減額分が着手金を下回った場合、着手金との差額をお返しいたします。
報酬金も頂きません。
(例)
相手から慰謝料100万円を請求されており、80万円までしか減額できなかった場合、
4万円(24万円(着手金)-20万円(減額分))をお返しいたします。

 

離婚
着手金報酬金
協議22万円22万円

経済的利益の16.5%
調停33万円33万円

経済的利益の16.5%
訴訟44万円44万円

経済的利益の16.5%
※すべてのプランにおいて,親権が争いになっている場合には,着手金,報酬金ともに+11万円とする。

※経済的利益は,受領(または減額)した財産分与・慰謝料・養育費・婚姻費用の金額とする。ただし,養育費,婚姻費用は,2年分を上限とする。

付随する請求(単独依頼の場合)
着手金報酬金
養育費22万円22万円

2年分の16.5%
慰謝料
(離婚を伴う場合)
11万円11万円

経済的利益の19.8%
慰謝料
(離婚を伴わない場合及び訴訟の場合)
22万円22万円

経済的利益の19.8%
慰謝料
(請求された場合)
26.4万円経済的利益の19.8%
婚姻費用22万円22万円

経済的利益の16.5%
面会交流33万円33万円
子の引き渡し33万円33万円
子の引き渡し
(保全を伴う場合)
49.5万円49.5万円
その他
手数料
離婚協議書作成11万円
※公正証書とする場合は3.3万円とする

 

執筆者情報

下川絵美(広島弁護士会)
下川絵美(広島弁護士会)
当サイトをご覧いただきありがとうございます。当サイトでは、離婚に関するお悩みを持っている方向けに、離婚をめぐる様々な事柄について解説しています。いろいろな思いを抱えておられる方も、肩の力を抜いて、何でもお話しいただけると思いますので、お気軽にご相談いただければと思います。離婚・不貞慰謝料に関してお悩みの方はどうぞ気軽にご連絡ください。
|当事務所の弁護士紹介はこちら